消費税が10%にあがるわけで~(^_^;)

 いよいよです💦10月から、いよいよ消費税10%( ゚Д゚)💦 皆様のサロンではいろいろ準備はすすんでますか? とはいっても〝軽減税率〟の対象外の事業所ですしね…..〝キャッシュレス消費者還元制度〟も、CIROの場合は条件対象外なんですよね~…. 私、根っからの小心者ですから、も~10月からの消費増税には内心ビクビクなんです!

消費税って~ご存知でした? お金持ちの人には痛みは少ないですが、普通の私たちにはキツ~ィ税金制度なんです!『逆進性』といって所得の低い世帯から直撃をうけるんです。税は〝公平〟でなければならない!と法律にはありますが、消費税の実態は不公平で貧富の差を広げていきます!軽減税率も今のままでは、とても複雑で、問題が出まくるでしょうしね~。やるならば〝給付付き税額控除〟のほうがわかりやすく、しかも絶対に低所得者にはやさしいはずです~。

 あまり新聞やTVニュースでは取り上げられないので、ご存知ない方が多いのですが、今、リフレ派*と呼ばれる世界では主流の経済学派や、財務省やメディアからは異端児扱いのMMT*(現代貨幣理論)を提唱する経済人たちは、『この消費増税は不必要であり、日本の経済を再起不能にする』と警鐘をならしています。私に難しい話しはムリですが、実際にデータを見れば一目瞭然です。2014年の消費税3%アップは、実態調査でもグラフ【表➀】のとおり、ものの見事に増税後に消費は落ち込み、今なお悪影響を引きずり、2014年の増税直前までの状態には戻っていません! 増税賛成派の学者先生や、お役所の方たちは、落ち込みは数か月で回復すると公言していましたが、その予測は無残にも『ハズレ』となったのです。
だから、理美容室はこの時の反省を活かして、増税後の対策を構築する必要があるのです。 個人的には消費税の引き下げや撤廃を願ってやみませんが、その話しはまた別の機会にして、この10月からのCIROの対応策を一つご案内致します。

それは、5年くらい前から、新しい時代に対応するために準備と実践を積んできた『お悩み解決メニュー』作戦の徹底です。そうです!そんな突拍子もない計画ではありませんよ~。RJウォーターオイルケアから派生する毛質改善やスキンケア、そしてカラーやパーマに関しても、髪の健康を実現した巷のそれとは、まったく一線を画すオリジナルメニュー! さらに今後大きなニーズを生み出すウィッグメニュー♡ スキンケアエイジングメニュー♡しかもご自宅に戻ってから大切になるホームケアも連動して、お客様のお悩みを時間と空間の壁を越えて寄り添う〝解決メニュー〟の徹底です!

〝人間〟って、ほんとうに興味深いです! 人間が人間であるがゆえの〝行動と意識〟が常に働くのです。人間はたとえ困窮しても美意識を忘れない生き物なんですね。余談ですが戦時中のひっ迫した経済統制化でも、女性たちは貴重な配給品を持ち出して〝木炭パーマ〟なるものでおしゃれをしたそうです!凄い~ ( ̄▽ ̄;) 

人は人であるがゆえに、いかなる時も『美しく・格好よく』いたいのです!
それを証明するデータがあります【表➁】を見て下さい。

このグラフでは、2014年の増税後から化粧品市場が伸びていることを示しています。2014年当時2兆円前半であった市場規模が、2兆5千億を超え、予測では2020年に3兆円を超えると言われています。一般の消費が低迷するなかで、あきらかに化粧品市場は全く特異な状況になっているのです。特に見るべき点は、この上昇を支えているのが〝高価格帯化粧品〟であることです。これは、2010年以降から投入されたそれまでには無い〝高機能化粧品〟や〝メンズ化粧品〟という新しいカテゴリーの登場と同期しているのです。

美しくなりたい!格好よくなりたい!という人間独自の『美意識』は、所得格差やデフレ不況も何のその! まことに超強力なマーケットなんですね~\(^o^)/ びっくりです。

服飾や外食を控える傾向は過去の経緯からも予想されます。しかし、理美容業界は本当に恵まれた特殊な業態です。人の髪と肌への〝こだわり〟は、ともて深く根強いのです!だからお客様のお悩みにしっかり寄り添い解決を図りたいと思います!お客様の〝こだわり〟を超満足して頂きます!

ぜひこれからの未来!消費税10%対策も、そして様々なこれからの課題も、ピンチではなく、私たちが再生するためのチャンスとしたいですね!

※ あ! ちなみに私は今の連立野党信者でも与党信者でもありませんよ~💦 金融緩和&財政出動賛成派かな~( ̄▽ ̄)  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA