FCC ミッションステートメント

私たちFCCのパートナーズは.....
⑴ 絶えまぬ技術の研鑽と、卓越した製品の研究開発を統合し、理美容のサロン経営に新たなを理美容師の現在と未来を豊かで幸福な人生とする貢献します。
⑵ 『消費者・サロン・流通・製造』の四極を理美容技術とサービスそして製品によってしっかりと結び付け、安心で美しく健やかな社会環境を構築します。

 

『FCC事業としての一歩を踏み出す』
GINZA CIRO co.では、2018年、社外事業の一環として “FCC美容と理容の未来を創るコンソーシアム” を設立いたしました。このホームページ”GINZA CIRO 100YR.”は、 CIROのお客様専用サイト(ciro.co.jp) とは別に、社外事業であるFCC活動のためのブログサイトとして公開しています。FCCパートナーサロンの皆様の繁栄に寄り添い、そして業界関係者の方々とのコンタクトを深める一助になれば幸いです。(FCC事務局) FCC 美容と理容の未来を創るコンソーシアム (Beauty Business Future Creative Consortium) 『理美容人の豊かで幸福な人生の実現』 FCC設立の意図はこの一点に尽きます。40万店を超える理美容サロンにおいて、その歴史も経営方法もサロンの数だけ個性があるわけですが、しかし経営の目的はひとつに集約させるはずです。~~働くすべての人々の『豊かさと幸福』の追及~これに相違はないはずです。FCCでは理美容に従事する多くの人々の成功に貢献し、趣旨に共鳴する美容メーカーの提携を基に、次世代の未来を切り開くことこそ使命と捉え、事業をスタートいたしました。

『コンソーシアム=運命共同体であることについて』
若い世代の人々が、夢を抱き、未来を期待し、就職をする。そんな当然だったことが、この理美容業界では難しくなってきました。社会的にも今後は少子高齢化や所得の二極化の只中で、業界独自の難題も抱えつつ、より一層の混迷を深めています。” 次世代の若い人々が有望な業界として就職を希望する” ~これは理美容業界全体の喫緊の課題です。

 未来が有望であるからこそ、現在の繁栄が確かなものになり。また現在の着実な繁栄が得られてこそ、未来が期待できる。”未来と現在” このシンプルな相関関係は、いわば”摂理”です。難しい経済学を紐解かずとも、父から子へ、先輩から後輩へと理美容を受け継いだ経緯のある大人世代は、体験としてこの事実を知っています。 私たち大人世代は先人たちの繁栄をこの目で見てきたからこそ、今こうして理美容業界に従事しいるのです。ならば今度は、私たち大人世代が、いまいちど理美容の繁栄を実現し、証明する側になることです。そしてそれは1社や1個人の成功では足りません。ほんの一握りの有名美容師さんの成功や、業界全体からすれば2%~3%に満たない企業系サロンの成功では、『次世代の人財』は動きません。事実この20年ほどを振り返っても、微塵ほどの影響もありませんでした。必要なのは圧倒的軒数のサロンにおいて成功を収めることです。業界の90%を占めるといわれる個人サロンや小規模サロン。つまり私たち等身大のサロンが成功を体現し、その成功事例を伝搬させていくことで、成功軒数を圧倒的な数に高めることが必要です。真に『豊かで幸福な人生』を理美容を通じて実現するため、私たちは同じ目的を共有し、互いの成功にコミットする運命共同体となることを選択したのです。

(2018年8月現在 314サロンパートナーズ在籍)

 

『FCC事業項目抜粋 』
 1. 自然学からRj ウォーターオイルケアメニューの普及

2.コモンブランド化計画
3.理美容師が100%プロデュース 新ブラドウィッグ “Sweet” 事業展開
4.教育事業計画 (宮崎学校・ハンドインハンド事業計画・etc)